布おむつでエコライフ
オーガニックコットンの布おむつ

オーガニックコットンの布おむつ

最近、よく耳にする「オーガニックコットン」という言葉。みなさんは、これが一体何なのか・・・ご存知ですか? 綿は綿でも、こだわりぬいて作られた綿に与えられる称号です。多少、値段は張ります・・・が、赤ちゃんの肌を考えると抜群の素材と言えるでしょう。実際に、オーガニックコットン製のベビー用品は増加傾向にあります。

オーガニックコットンとは

合成化学物質を3年以上使っていない畑で、一切の化学薬剤を使わずに栽培・・・さらに、化学処理をしないで加工した綿のことを「オーガニックコットン」といいます。栽培に用いられる農薬や肥料に関しては厳重な基準が設けられ、認証機関によって実地検査が行われるそう。また、「オーガニックコットン製品」とは製造に関わる全工程(紡績、織布、ニット、染色加工、縫製など)において、化学薬品による環境負荷を最小限に抑えて製造したものを指します。

オーガニックコットンの特徴

環境負荷や健康被害が少ない・・・という点から、オーガニックコットンは「安全な素材」と言えます。また、化学(薬品)処理もされていないため、コットンならではの「優しい肌触り」も実感できます。大人はもちろん、デリケートな肌をもつ乳幼児にも最適な素材といえるでしょう。シルク生地のようにサラッとした肌触りではなく、ふんわりと包み込んでくれる「柔らかさ」も特徴の1つです。また、化学薬品(除草剤など)を一切使わない分、「手間隙がかかる(コスト高)」や「洗濯トラブル(縮みや歪み)」といったデメリットも特徴といえます。

オーガニックコットンと布おむつ

肌のデリケートな赤ちゃんでも安心して使える、オーガニックコットン100%の布おむつはいかがですか? 布ナプキンで有名な「SCKOON」やドイツの老舗「Disana」、日本のメーカーとして知られる「ANGEL(エンゼル)」などでもオーガニックコットン製の布おむつが販売されています。オーガニックコットンは、肌の弱い赤ちゃんに関わらずどんな赤ちゃんにも適した素材。コットン本来の肌触りと柔らかさが、赤ちゃんのお尻を優しく包み込んでくれますよ。紙おむつとは違う、自然本来の肌触りが実感できるでしょう。

オーガニックコットン製の布おむつ

オーガニックコットンだからといって、特別な扱い方があるわけではありません。洗濯だって、普通に洗濯機で洗って干す・・・これだけで大丈夫。ただし、縮み・歪みの原因にもなるため、高温乾燥機の使用は避けましょう。また、化学物を用いていないオーガニックコットンには、綿の天然の油分が残っている場合も・・・。吸水の邪魔になると困るので、使用前には熱湯で洗うようにしましょう(メーカーによる)。使用後はつけ洗い(天然石鹸を溶いた水など)するだけで汚れがラクに落ちますよ。お日様との相性もいいので、晴れた日は天日干しにするのもいいでしょう。「自然」をベースに作られたオーガニックコットンだからこそ、「自然」な取り扱いを心がけてください。

オーガニックコットンの証

キレイに漂白洗浄される一般のコットンに対し、オーガニックコットンでは石鹸で洗うだけ・・・という簡単な洗浄が施されます。そのため糸に付着していた枯葉(枯れ枝)の粉が取りきれず、黒や茶色の細かい斑点として残ってしまうこともしばしば。しかし、これが「オーガニックコットン」という製品の証なのです。これらが付着していても、肌を傷つけるなんてことはありません。むしろ、漂白剤などの化学薬剤が使われていない・・・という点を考えると、肌への負担は少ないと言えるでしょう。また、これらの斑点は洗濯を重ねるうちに取り除かれていきます。漂白された「不自然な白さ」ではなく、「自然な色」の布おむつを使ってみませんか?

ページTOPに戻る

布おむつ