布おむつを初めて使うママへ
布おむつの必需品

布おむつの必需品

布おむつに必要なアイテム・・・と言われても、初めて使う人はわかりませんよね? 布おむつには「生後すぐ」に使うものや、「あとから」必要とされるものまでさまざま。また、「あれば便利」なグッズもあれば、「結局使わなかった」というものもあります。布おむつに初期投資は肝心・・・と言いつつ、無駄になってしまえば元も子もありません。

生後すぐに使う必需品

布おむつとカバーはもちろん、生後すぐに使うアイテムって意外に多いもの。そして「準備周到」といえど、布おむつに関しては少なめに準備するのがポイント。なぜなら・・・挫折するママが多いからです。ただし、「挫折できない」と自分に拍車をかけるならば大量に揃えるのもありでしょう。

【布おむつ】

洗濯頻度や体調、挫折などの可能性を視野に入れて、最初は少なめに準備しましょう。足りなければ買い足す・・・くらいの気持ちで、最低限の枚数(輪形布おむつ30〜40枚、成形布おむつ15〜20枚程度)を準備するといいですよ。

【オムツカバー】

布おむつ同様、多めに準備するのは禁物です。成長に合わせてサイズを変えるため、各サイズ5枚ほど準備します。また、「挫折するかも・・・」と自信のない人は、新生児サイズ3枚から始めてみましょう。

【お尻拭き】

脱脂綿(カット綿でもOK)や布切れをぬるま湯に浸し、軽く絞ってからお尻を拭きます。脱脂綿は1袋、布切れは4〜5枚用意するといいでしょう。また、外出用として洗浄綿(1箱)もあると便利ですよ。ぬるま湯に浸すための洗面器(1個)も準備しましょう。

【紙おむつ】

外出時や災害などのことを考えると、やはり1パックは用意しておきたいもの。「いざとなったら紙おむつがあるし・・・」と、心の余裕にも繋がります。

あとから使う必需品

1歳を過ぎる頃から、体のサイズや排泄量などに変化が見られます。また、心の成長として「トイレトレーニング」も始まるでしょう。このような成長に伴って、布おむつの必需品にも一定の変化が現れます。成長に見合ったアイテムを揃え、おむつ外れを促しましょう。

【補強用オムツ】

月齢が進むと同時に、1回のおしっこ量も増えてきます。そこで活躍するのが、この補強用オムツ。布おむつと同じくらい、若しくはそれ以下の枚数に留めましょう。補強用オムツは、あくまで布おむつの「補助」ということを忘れずに・・・。

【トレーニングパンツ】

子供が成長するとともに、トイレトレーニング(トイトレ)も始めなければなりません。そんなトイトレに欠かせないのが、このトレーニングパンツ。使い方にもよりますが、最低3〜4枚は準備しましょう。また、普通の布パンツでも代用可能です。

布おむつの便利グッズ

必要不可欠とまではいかないものの、やっぱり「あれば便利!」というアイテムってありますよね? そこで今回は、個人的に「これは便利」と思ったものを紹介しようと思います。布おむつを影から支える、数々の便利グッズに注目してみましょう。

【オムツライナー】

布おむつの上に重ねて、固形物のウンチを見事にキャッチ。洗濯がラクになるだけでなく、布おむつの汚れや傷みも軽減してくれます。特殊紙や布製、トイレに流せるタイプなどと種類もさまざま。また、綿100%にこだわる人は、着古したTシャツなどを代用してもいいでしょう。

【洗濯用品】

洗濯が大変・・・というママには、「電気バケツ」がオススメ。いっけんバケツに見えますが、実は立派な洗濯機。小型で場所もとらず、布おむつの分け洗いに最適です。また、「オムツ用洗剤」や「ランドリーリング」、「オムツ干し」などもあると便利ですよ。

必需品は洗濯板?

我が家の布おむつライフに欠かせないのは、洗濯板と旦那さんです。「子供のウンチなら苦にならない」という旦那さんは、我が家の布おむつ係りとして日々奮闘中。そんなある日、「これ買って」と某ホームセンターでおねだりをする旦那さん。「なんだろう?」とよく見てみると、そこには近代的な洗濯板(プラスティック製)が・・・。「そんなに欲しいのか?」と思いながら、「いいよ」とカゴに入れたところ・・・「布おむつの洗濯がラクになる〜!」とその場で大はしゃぎ。「・・・よ、よかったね」と喜びを共感(?)したあの日から、洗濯板は我が家の必需品となりました。さて、みなさんの必需品は何ですか?

ページTOPに戻る

布おむつ