布おむつを初めて使うママへ
布おむつの特徴

布おむつの特徴

汚れたらポイッと捨てられる紙おむつに対して、洗濯やらなんやらで大変そう・・・というイメージが定着している布おむつ。そんなイメージが先行する中、実際はどのようなオムツなのか知らない・・・という人も多いのでは? そこで今回は、布で作られたオムツ「布おむつ」について紹介しようと思います。もちろん、いいことばかりではありません・・・むしろ、ママにとってはデメリットだらけといってもいいでしょう。それでも赤ちゃんにとって優しいオムツと言われれています。

布おむつとは

布おむつは、さらしやドビー織りなどの布で作られたオムツです。古くから使われている輪型のオムツや成形オムツがあり、漏れを防ぐためにオムツカバー(綿やウール、化繊など)も使われます。最近では海外生まれの「ポケット式布おむつ」や「一体型布おむつ」も注目を浴び、多くのママから支持を得ています。柄が可愛く、種類も豊富な海外の布おむつは日本のママにも大人気。洋服と一緒で、布おむつもお気に入りのものだと大切に扱うことができますよね。専門店やネット通販を利用して、お気に入りの布おむつを見つけましょう。

布おむつのメリット

洗濯や後始末などの「手間(デメリット)」ばかりが目に付いて、もっと大切な「メリット」を見失いがち。そこで、布おむつのメリットをいくつか紹介しましょう。赤ちゃんはもちろん、地球やお財布へのやさしさが伝わってきますよ♪

コストが安い

初期費用はかかりますが、使用期間(年数)を考えると紙おむつよりも断然安い。また、布おむつは繰り返し使えるので、子供が増えたとしても活用できます。

環境にやさしい

紙おむつと違って、ゴミを出しません。よって、有害物質(ダイオキシン)を出すこともなし。洗濯時の光熱費がかかりますが、手洗いなどで節約も可能です。

肌にやさしい

肌にやさしい素材(布)なので、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えます。また、赤ちゃんは布おむつが汚れると、「気持ち悪い」と泣いて教えてくれます。そのためこまめなオムツ交換ができ、かぶれる可能性も低くなるでしょう。

トイレトレーニング

布おむつの子は、オムツはずれが早い・・・という説があります。汚れたときの不快感を何回も重ねるうち、汚れる前にそれを伝えることができるそうです。

布おむつのデメリット

赤ちゃんに対してのメリットが多い反面、ママにとっては色んなデメリットが待ち受けています。デメリットとは言っても、ママの捉え方1つで「メリット」にもなる程度。布おむつだからこそ味わえる「デメリット(メリットとも言う)」を大いに楽しみましょう♪

オムツ交換

紙おむつのように、片手でオムツを広げてサッとおしりにあてるだけ・・・という訳にはいきません。寝返りやハイハイが始まると、なおさら大変な作業といえるでしょう。しかし、「待て、待て〜」と遊びながら進めると、楽しくオムツ交換が出来ますよ。

後始末

汚れたらポイッ・・・と捨てられる「紙おむつ」とは違います。布おむつでは、一連の作業(付け置き→洗濯→干す→たたむ)が欠かせません。また、光熱費や洗剤代といった点もデメリットといえるでしょう。

漏れる

吸収力が弱い布おむつでは、漏れの頻度も高くなりがち。また、布おむつが汚れたうえ「漏れた」ともなると、赤ちゃんは気持ちが悪くて昼夜を問わず泣いてしまいます。夜中にパッと見てみると、寝具類がびっしょり・・・なんてことも日常茶飯事。布おむつを長時間あてる場合には、おむつライナーを使用するなどの工夫を凝らしましょう。

荷物がかさばる

布おむつ一式(おむつ、カバー、ライナーなど)を持参するともなると、ものすごい量の荷物になります。こまめなオムツ交換が必要なため、枚数も紙おむつの倍以上。車を所有している人は、最低限のものをトランクに入れておくと「いざ」という時に便利ですよ。

布おむつと「ひと手間」

「手塩にかけて育てる」という言葉があるように、育児にはママの「ひと手間」が欠かせません。もちろん「手抜き」も大切ですが、それと同じくらい「ひと手間」も大切なのです。そんな「ひと手間」を布おむつで取り入れてみませんか? 洗濯して干す・・・という1日30分〜1時間の「ひと手間」で、ママと赤ちゃんの関係がより親密になるかも知れませんよ。「ひと手間」を手間と思わず、赤ちゃんとの有意義な時間を楽しみましょう。

ページTOPに戻る

布おむつ