布おむつの豆知識
布おむつのレンタル

布おむつのレンタル

布おむつで育てたいけど、洗濯が大変そう・・・というママも多いと思います。そこで、布おむつのレンタルを利用してみませんか? 洗濯という手間から解放され、赤ちゃんとの時間を有意義に使うことができますよ。「清潔」な布おむつと「回収」という便利さを活用して、赤ちゃんとの生活を満喫しましょう。

レンタル布おむつとは

清潔な布おむつを配達するとともに、使用済みの布おむつを汚れたまま回収・クリーニングするサービスを「レンタル布おむつ」といいます。赤ちゃんやお年寄りには「優しい」布おむつも、ママや介護者にとっては負担となりがち。そんな負担を軽減しようと誕生したのが、このレンタル布おむつです。徹底した品質管理から生まれる布おむつは、「清潔」「安心」「安全」という言葉とともに宅配されます。全てのユーザーに優しいレンタル布おむつは、「真心のサービス」とも言えるでしょう。布おむつの良さを理解しつつ、なかなか一歩が踏み出せない・・・というママも、まずは「レンタル布おむつ」から始めてみませんか?

レンタル布おむつと紙おむつ、どっちがお得?

さて、ここで問題です。「レンタル布おむつ」と「紙おむつ」とでは、一体どちらがお得でしょう? ここでは経済面だけでなく、さまざまな面から検証してみようと思います。「どちらを使おうか・・・」と悩んでいるママは、ぜひ参考にしてください。

かかる費用

1週間(30枚)2,000円前後でレンタル可能な布おむつに対し、紙おむつもほぼ同額と言えます。購入方法や使い方などによって異なりますが、大きな違いはありません。さまざまな面から、「安い」「高い」を考慮しましょう。

購入の手間

「紙おむつ」のまとめ買いって、予想以上に大変ですよね? 1人の買い物ならともかく、赤ちゃんを伴った買い物となると・・・かさばる荷物に悪戦苦闘。それに比べて「レンタル布おむつ」は、業者が玄関先まで配達してくれます。

交換回数

抜群の吸収力を誇る「紙おむつ」に比べ、「レンタル布おむつ」の交換頻度は高め。汚れるたびにオムツ交換を要するので、ママにとっては負担になることも。しかし、そんな負担も、赤ちゃんにとっては「清潔」というメリットです。

肌の負担

「紙おむつ」では、吸収力の良さゆえに交換回数も少なくなりがち。蒸れにくい形状とは言え、中にはおむつかぶれを発症する赤ちゃんも・・・。「レンタル布おむつ」ではこまめなオムツ交換とともに、布ならではのやさしい肌触りが実感できます。

環境問題

多量のゴミやダイオキシンなど、「紙おむつ」ではさまざまな環境問題が問い立たされています。何度も使えるだけでなく、洗濯水も工業用排水として処理される・・・そんな「レンタル布おむつ」は環境にもやさしいオムツと言えるでしょう。

レンタル布おむつと介護

介護する側には便利な紙おむつも、介護される側のお年寄りにとってはどうでしょう? ゴワゴワとした肌触りと麻痺する排泄感覚・・・自分の立場に置き換えると辛いものです。しかし、介護する側にしても「排泄」のお世話は大変なもの。そこで介護される側はもちろん、介護する側にもやさしいレンタル布おむつはいかがですか? 「負担」は減らして、「笑顔」を増やす・・・育児でも介護でも、相手を思いやる気持ちが重要です。

レンタル布おむつと保育園

「公立」をはじめ「私立」「無認可」「認証保育園」などと、さまざまな種類の保育園が存在します。紙おむつを使う保育園も増えていますが、その交換回数もさまざま。1回分のおしっこで交換するところもあれば、1日(8時間)3回と決めている保育園もあるそうです。1日3回に比べると、1回毎にオムツ交換してくれた方がいい・・・と思いつつ、紙おむつ代が気になりますよね? そんな中、レンタル布おむつを使う保育園もあるそうです。使った(汚れた)枚数を確認し、その分だけお金を払うというシステム。赤ちゃんだけでなく、ママや財布への優しさも忘れない・・・そんな保育園って素晴らしいと思いませんか?

ページTOPに戻る

布おむつ